Business Lines

事業用不動産売買仲介事業

工場・倉庫・研究所など特別な仕様は売買で

昨今の景気回復基調により製造業や物流業等の企業による不動産ニーズが回復しており優良な事業用不動産の情報が求められています。
しかしながら工業系の不動産には近隣住民対策や土壌や大気汚染等の環境問題など居住用不動産や都心オフィスビル等とは違った専門的な知識が必要です。
私たちGLRは工業系不動産の開発・賃貸・管理の経験を有するスタッフが在籍しており、様々なリスク対策の実践経験から適切なアドバイスを実施し、法人のお客様に可能な限り安心して取引して頂くために不動産仲介ができるよう全力で取り組んでいます。

豊富なネットワークからの物件情報提供

私たちGLRは不動産金融業界・大手不動産会社の出身者で構成されており強力な情報ネットワークがあります。不動産ファンドや金融機関、不動産会社や製造業など一般事業法人とのリレーションを大事にしており、お客様のニーズがあった場合に希少価値の高い優良な情報提供ができるように常に努力をしております。

コンサルティングからアフターサービスまで

不動産売買には様々なリスクがあります。法令や権利の移転にかかるリスクはさることながら工業系特有のリスクなど注意をはらうべきポイントが多数あります。取引経験豊富で開発経験が豊富なスタッフが、コンサルティングを行いながら各種調査や交渉を行い法人のお客様の不動産部のようなサポーターとして業務を遂行します。
私たちGLRは不動産投資の最大のリスクは流動性(換金性)が低いことであると考えており、不動産取得時に軽視しがちな先々の資産流動性を常に頭にいれながらコンサルティングを実施し、長期スパンでお客様のビジネスに貢献できるよう努力しております。先々に売却、賃貸ができるような資産戦略を常に取入れることにより、ビジネスの幅を広げることで信頼関係が築けると考えております。
また自社ビル、自社物件を賃貸したいなどのニーズにも対応できる事業用不動産の賃貸ネットワークがあることも弊社の強みです。

ページ先頭へ